キルスト415

Kirst 415

まずはじめに、『ニュー・ラングウィル目録[1]』からの記述を以下に引用しよう。

キルスト(Kirst)、フリードリヒ・ガブリエル・アウグスト(Friederich Gabriel August)。1750年、ドレスデン生まれ(確証はない)、1806年4月29日ベルリン没。1772年より1804年までポツダムでフルート製作。おそらく、ドレスデン市の水道局監視官、ヨハン・ゲオルグ・キルスト(Johann Georg Kirst)の息子。1768年から1770年、A.グレンザー(A. Grenser)のもとで修業。ポツダムのフライヤー(C.F.Freyer)のもとで働く。1772年、フライヤーの未亡人と結婚、マイスターとしてフライヤー工房を継続。また、同年1772年には、全プロシア軍に木管楽器を供給する「独占権(privilegium privatum)」を授けられた。ニコライ(Nicolai)は、「(オランダ管区の)フルート製作家キルストは、国王から俸給を受けている」と記している。キルストの工房には、マルティン(J.G. Martin)、ミューラー(I.C.H. Müller)、ピーリング(A.F. Piering)、ヴァイス(J.W. Weisse)など、多くの見習い工がいた。1804年、工房はキルストの義理の息子フライヤー(J.G. Freyer)に引き継がれ、これは後にフレイヤー&マルティン(Freyer& Martin)と改称された。現存する楽器から、また、工房がポツダムにあったということから、キルストとクヴァンツ(Quantz)が協力関係にあったということは大いにあり得る。

 

このキルスト415は、Christoph Huhtgeburth氏が所有されているオリジナルのコピーです。
AKAMUS(ベルリン古楽アカデミー)の奏者達(Huhtgeburth氏を含め)は私の製作しているキルスト415を使って下さっている。
このフルートの興味深い点は、以下の通りです。
それは恐らく1770年代のものですが、それぞれの音の基音と一番低い音階は素晴らしく、暖かい響きです。
そのため、このキルストは今でも18世紀前半の音色を感じられます。
しかも、第三音階もとても容易に音を出すことが出来ます。
このフルートは、音の強弱の変化に対してとても柔軟性に富んでおり、丈夫です。

これは、非常に力強く美しい上に、音の強弱の変化に関して柔軟性のあるトラヴェルソです。
これらの特徴を持っている為、このキルスト415は力強い音色であるばかりでなくピアノのように気楽にしかも美しく演奏することができると思います。

[1] The New Langwill Index. Tony Bingham London, ISBN 0-946113-04-1

 

Kirst 415

 

 

 

Simon Polak: Early Flutes

Rockstro
main page

main flutes pricesjpmaintenance jpplayindefault

BeukerstassikirstwijnenausthakaKirst 415Wijne 2PalancaRippert
general

flutesprices
clipshistoryphilosophycarelinkscontactexhibitionsfirst aid

technical

tuningfingeringpitchworkshopcarryingwoodsreboringresistancekeypadseach notestuck

Originals

Beukers HakaNaustKirstWijneWijne 2PalancaTassiRippertKirst 415DutchEhrenfeld

private
family
cv